こんにちは!

高石市を中心に活動中のなかもと工房です。

今日はちょっと番外編。

外壁塗装について、お客様から良くいただくご質問にお答えしたいと思います!

ご依頼前の参考になれば幸いです(*^o^)
チョーキング
Q.壁をさわると白い粉がつきます

A.これは良くある質問ですね。

専門用語では「チョーキング現象」といい、塗膜の劣化によって塗装表面が粉状に消耗していく現象です。

少し手に付くぐらいなら、外壁塗装の劣化の初期段階なのでまだ様子を見ていて大丈夫ですが、手が真っ白になるような場合は早めの塗装の塗り替え工事が必要です!
亀裂
Q.細かい亀裂がたくさんできている。キレイに直るの?

A.下地の亀裂やひび割れは補修可能です!

また、ひび割れをそのままにして塗料を塗ると、後の仕上がりに大きく影響します。

外壁塗装を施す前には、しっかりとひび割れを補修してから塗料を塗りますので、安心してお任せください。

厚塗り
Q.外壁塗装って厚く塗れば塗るほど長持ちするの?

A.“厚く塗るか”よりも、塗料の種類によって“最適な分量で塗る”、というのが大切!

一度に厚く塗ると、乾燥不良などで仕上がりが悪くなるといったこともあります。

塗料の特性を理解している職人だからこそ長持ちする塗装が実現できます。

劣化進行
Q.外壁塗装の塗り替えをせずに放っておくとどうなるの?

A.塗料が持つ“防水性”の効果がきれ、塗膜の劣化が進行していきます。

次の段階でひび割れが起き、更にひび割れに湿気や汚れ、雨が外壁内へ染み込んでしまい、内部の建材まで傷んでしまいます。

そうなってくると、雨漏りによる影響でシロアリが住まいの状況を更に悪化させ、最終的には大規模な修繕が必要になるでしょう。

10年以上塗り替えを行っていない、または気になる症状が出ている場合は、早めに外壁の点検・塗り替えを行うように心がけましょう!
といった感じで、良くある質問コーナーでした(^o^)/

その他にも、外壁塗装について何か気になること・症状についてなど、ご質問がありましたら当社までお気軽にご連絡ください!

▼塗装のことなら高石市のなかもと工房まで▼

事務所:072-242-8378
受付時間:9:00~19:00